フォト

らくがき(2011)

  • ポトス
    らくがき、2011~

らくがき 

  • ぶろぐ (素敵なサイレントナイト)
    ブログで描いた過去のイラスト

ギャラリー

  • 二人展
    Oil Painting

子供の夢

  • S11
    果てしない空想に胸を躍らせます

日本ブログ村

クラブ・ウィルビ

  • 大人のための新しいネットワーク「club willbe」
無料ブログはココログ

« つまらない話 | トップページ | 静けさの中で »

2012年3月12日 (月)

日本がひとつになった瞬間

 今朝は快晴、空気が暖かく気持ちが好い。

 昨日は東日本大震災が起こって丁度一年。各地で追悼式が行われた。
 どこのテレビも一年前の津波の映像やその後を報道していたが、フラッシュバックには気をつけるようテロップが流れていたようだ。それほど強烈な大惨事だったのだ。
 被災された方々のコメントなど聞いて涙してしまった。とくに子供たちの健気なコメントは胸に沁み止め止め無く涙が流れた。
 この子たちの将来に幸あれと祈らずにはいられなかった。
 昨日は我が家に友がいて、地震が起こった二時四十六分には起立して黙祷した。家の周辺は静まり返り、鳥の囀り、自動車の音ひとつ聞こえなかった。きっと皆さん家の中、車の中で私たちと同じ行動を取った人が多かったのではないだろうか。テレビは道を行き来している人たちが立ち止まり黙祷している様子を写していた。
 二時四十六分は日本がひとつになった瞬間だったのでないだろうか。

 
 瓦礫処理は日本全体が負わなければならない問題だと思う。受け入れ拒否している地域も問答無用で受け入れるべきだと思うが如何なのだろうか。

 私はこれからアメリカ・ポップスターのシンディ・ローパーの報道昼食会に参加する。彼女は先日被災地を訪れ、被災された方と触れ合っている。彼女から見た被災地をどう受け止たかを聞きたい。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
 

« つまらない話 | トップページ | 静けさの中で »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

そらまめさん、こんにちわ。
私はお風呂から上がったばかりでくつろいでいたところTVであのドキドキする警戒音と同時に緊急地震速報が流れました。思わずテーブルの下へ身を隠しましたが、お風呂に入っている最中だったらパニックになっていたかもしれません。

SyndiLauperの報道昼食会は感動しました。彼女の日本を思ってくれる気持ちが充分に伝わって来ました。湯川れい子さんもオブザーバーとして一緒に現地を回り現状を見て来たということで会見に参加していました。いろんな話がいっぱい出ましたが、なにせ通訳なしの会見ですから、こちらも理解出来たり出来なかったりです。ただ思いは伝わってきました。
被災地の西光寺を訪ねたとき、テーブルの上に並んでいる袋の中に火葬した遺骨が入っているが引き取りても亡くなった話。津波で水浸しなったピアノを買い取り、調整して学校に寄付する話。山となった瓦礫の有効利用の話などなど貴重な話が沢山出ました。ブログに書きたいと思ったのですが拙い私の記事では失礼な気がし、自信がありません。
これほど日本を思ってくれるシンディ・ローパーに感謝です。

ぴえろさん こんばんは

この所 毎日のように地震に脅かされてますね。
其方は大丈夫でしたか?
明日は我が身の大地震かな?の毎日ですよ・・・

今日ね、ラジオをきいてると シンディー・ローバーの
曲が流れてきましたよ。NHKで。
おぉ~ ・ ・ ・ 懐かしや・・・

imuさん、おはようございます。
毎日お忙しそうですね。
頑張りもほどほどにね。

あの瓦礫の山から分別作業をするには時間も人手も要るでしょう。
問題はあの瓦礫がどれほど汚染されているかが問題ですね。
どの自治体も一番重要視する点ですが、子を持つ親とすれば簡単に受け入れられることでは無いかもしれません。
ただ、このまま手をこまねいている場合でないことは日本中の人が分かっていることだと思います。
気持ちが焦るだけでなかなか前に進まないことにもどかしさを感じますね。

ピーコさん、おはようございます。
海外の映像はそのままの映像で衝撃的だったようですね。
日本はあまりにも惨い映像は人々に精神的なショックを考えると流さなっかったのでしょうか。原発の件も海外の報道と日本の報道にはえらい差があったようです。専門知識を持ったコメンテーターは心配することでもない、と涼しい顔でコメントしていましたが、蓋を開ければとんでもない状態でした。
瓦礫の問題は複雑ですね。子を持つ親にしてみればそう簡単に引き受けられては困るでしょう。
でも、このままでは済まされないということは確かです。
一刻も早い解決策を見出さないと口先だけの絆となってしまいます。

こんばんは
私も日曜は静かに自宅で黙とうしたくて帰宅時間を2時半と決め行動しました。
被災地はたったの1年間、時が止まっているところばかりですよね。
この震災で出た瓦礫の量は、1年間に出るゴミの10年から17年分にも及ぶと報道がありますね。
不明者が居られるため、重機も安易に入れない地域も未だにあるようですね。
あまりにも広域で大きな災害だった事を改めて感じます。

瓦礫の分別も大変でしょうね。鉄や木材、化学製品、生もの.....
木材を粉砕して、圧縮加工し、合板を作り住宅の壁材に利用する等、希望の持てるような話題もありますね。
小さな事でもできる事から始めなければ口先だけの絆になってしまいます。


こんにちは!

本当に一日、震災関連の話が続いていましたね。
それだけひどい災害だったと言うことでしょう。日本では、テレビの映像ではひどい部分が放映されていなかったみたいですが、イタリアでみた主人の教え子さんの話では、人が流されている場面がたくさん出てきたそうです。私たちが知らないことを、外国の人は、映像で見ていたらしいですよ。
がれきの問題は、どうしてもエゴが出てきちゃいますね。話としては賛成だけど、いざ自分の子どもに影響が出るとなると、やっぱり難しいということなのでしょう。
それでも、やっぱり、やらなくちゃ、復興は進みませんよね。

四季さん、おはようございます。
あの瓦礫の山には呆然としてしまいます。
瓦礫の処理が進まなければ被災地の復興には
時間がかかるだけです。
被災地の女性が言っていましたが、
皆さん、絆絆と叫んでいますが、この問題が
解決しない限り、安易に絆などと言わないでほしい、と。
口先だけの絆はいりませんね。

本当に、日本が一つになった瞬間ですね
復興作業ももう少し進度をまして欲しいですね政府。

過去のことに拘り過ぎないで~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140888/54202448

この記事へのトラックバック一覧です: 日本がひとつになった瞬間:

« つまらない話 | トップページ | 静けさの中で »

はじめまして

お薦めブログ

  • ピーコさん
    ぽかぽか温かくなるおはなしです
  • hal-3さん
    ゴーヤのおはなし
  • そらまめさん
    甘口あり辛口ありの日々を楽しく綴ったブログです。
  • imu-さん
    押し花の先生です。 色使いのセンスは品があり抜群です。 庭先便りは楽しいですよ。
  • 秋元享子
    ヴァラリス商会 お洒落な園芸雑貨のお店
  • 和さん
    お庭だより、亀千代さんとの楽しいお話 いっぱいですよ。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31