フォト

らくがき(2011)

  • ポトス
    らくがき、2011~

らくがき 

  • ぶろぐ (素敵なサイレントナイト)
    ブログで描いた過去のイラスト

ギャラリー

  • 二人展
    Oil Painting

子供の夢

  • S11
    果てしない空想に胸を躍らせます

日本ブログ村

クラブ・ウィルビ

  • 大人のための新しいネットワーク「club willbe」

バーナー

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

秘湯

六月二十三,二十四日と信州小谷村の秘湯、山田温泉に行って来ました。
標高八百五十メートルの山腹に建つ温泉は川中島合戦の際、 武田信玄の家臣によって発見された名湯として現在に至っているそうです。
山奥の湯治湯、秘湯と聞いて、暗く雑然とし、ジメジメした湿っぽさを想像していました。
ところが、部屋も廊下も磨かれ、チリひとつ落ちていなく、明るく、清潔感漂う宿でした。
トイレも時代の流れを感じました。
男女別々の共同トイレは、ウオッシュレットが備えられていて意外でした。

平日だったせいか、この日は私たちのグループともう一組のグループ。
まるで貸し切ったような静かさでした。

江戸期の木造建築は歴史を感じることが出来、国の有形文化財に指定されています。
Photo

元湯浴室は100年以上変わらない景色だそうです。
Photo_2

源泉が湯船からあふれ出ています。
飲用すると、肝臓病や糖尿病にも良いとか。
湯治湯でありますから現在も長期滞在する人が多いそうです。
Photo_3

宿泊した部屋
Photo_4


Photo

共同洗面所、懐かしい風景です。
清潔に保たれていました。
Photo_9


都会に住んでいると、家の中も外も洋ばかりで純和を感じることが少なくなりました。
そのせいか、このお宿は大変懐かしく、廊下を歩き回りました。


Photo_6


Photo_10


Photo_6


Photo_3


食堂。
Photo_2

食べきれないほどの山菜料理や海の幸。
糸魚川にちかく、日本海で取れた海の幸です。
地酒、無濾過生原酒の雨飾山(あめかざりやま)が濃厚で美味しかったですよ。

Photo_8


部屋から見た風景です。
旅館内以外の写真は撮っていません。
頭の中には山里の風景、鳥のさえずりなど、アルバムとしてしっかり焼き付いています。


Photo_11

子供の頃、湯治湯に何度か行った記憶がありますが、今思うと雑居家族の寄り集まりのように騒がしく、自炊のガチャガチャした音や匂いが一面に漂っていたような気がします。
当時は滞在型が多く、一週間、二週間は当りまえだったような気がします。
湯殿も薄暗く、そのイメージがあるので、山田旅館は治湯としてはあまりにも綺麗に磨きこまれ、整然としていたので驚きました。


源泉湯につかり、美味しいお酒と食事、部屋の中で二次会、夜遅くまで話が尽きませんでした。
ひっそりと静かな山里に私たちの声が響き渡ったのではないでしょうか。


ポチッとよろしく!



にほんブログ村


2016年6月19日 (日)

瞬く間に誕生日

6月15日は私の誕生日でした。
一年の早い事、瞬く間にまた誕生日を迎えました。
友からプレゼントとして、吃驚するサプライズをいただきました。
それは、兼ねてから宿泊してみたかった川奈ホテルへ招待して下さったのです。
ゴルフで有名なホテルですが、その昔はそれなりのステータスのあるお客様をもてなす高級リゾートホテルでした。
バブルの時代、私が勤めていた会社は、毎年ゴルフコンペを川奈ホテルで主催し、その請求書を見て一体どれほどのホテルか一度宿泊してみたいものだと思ったものです。
実現するとは、本当にハッピーバースデイでした。

昔、私もゴルフをしましたが、今はグリップの握り方も忘れてしまいました。
ゴルフしなくとも海沿いにあるゴルフ場を散策するだけでも、本当に気持ちよく、風光明媚な海の景色など満喫しました。

川奈ホテルの景色です。


部屋から見た風景
Photo_30


ゴルフ場から見たホテルの風景
Photo_31

青々と流れるようなフェアウエー。
見ているだけで体の節々が解きほぐされる気がし、リラックスしてきます。
Photo_3

姿も美しい樹木

Photo_4

ダイニング、夕食は和食のフルコースを頂きました。
お料理も器も美味しく楽しめました。
Photo_5

照明もシックで優しい和の光を放っていました。
Photo_8

ラウンジ、海が見えます。

Photo_6

ロビー
Photo_7

いろんな種類のランタナが咲いていました。
Photo_9

Photo_10


Photo_11

リュウゼツラン
Photo_12


Photo_25


蓮の池、可愛い花が咲いていました。
モネの世界です。
Photo_13


Photo_14


Photo_15

紫陽花の小道がありました。
Photo_16

Photo_28


Photo_27


Photo_17


Photo_19


Photo_20


紫陽花の小道をぬけると崖になり、風光明媚な海景色です。

Photo_18


Photo_22


Photo_21

霧雨の中の朝の散策でした。
霞んで見えるホテルの風景は外国にいるような錯覚を覚えます。
とてもロマンチックな風景です。
Photo_24

田舎家
別棟に300年前の古民家を移築して和食のレストランになっています。
私の勤めていた会社ではゴルフが終わった後、必ずこのレストランでお客さまをもてなしていました。
外国人のお客さまには人気があり、一年後のコンペを心待ちにしていたと聞いています。
Photo_26

友と私は毎年お互いのお誕生日を祝っていますが、何時も海老鯛で、勿論友の方が鯛です。
思いで深いお誕生日となりました。
友には何時も感謝感謝です。


ポチッとよろしく!



にほんブログ村

2016年6月15日 (水)

水元公園散策

梅雨のシーズンに入りましたが、雨と晴れの日が交互にやってきて、カンカン照りの夏日と思えば鬱陶しい雨, 暑かったり寒かったりと気温が定まっていません。
こんな時は体調管理に気をつけない といけませんね。

日曜日(12日)、友と水元公園(葛飾区)へ行ってきました。
幸い暑くもなく寒くもなく散策には絶好の日和でした。
東京都立公園ですが、東京23区でも最大規模の公園です。
初めて訪れたのですが、公園の広さには目を見張ります。
バーベキュー広場や冒険広場、ドッグランドなどもあるようで、都民の憩いの場所といえます。

この日は菖蒲祭りで賑わっていましたが、遊歩道の両側に咲き誇る紫陽花も見ごたえがありました。
菖蒲はそろそろ終わる頃で、萎んだ菖蒲を摘み取る風景も見られました。


水元公園の風景

Photo


Photo_2


Photo_13

Photo_9


Photo_10

100種類の菖蒲が14000株植えられているそうです。

Photo_4


Photo_5


Photo_6

Photo_11


Photo_12

Photo_15


Photo_4

萎んだ花を摘み取っていました。
Photo_3


Photo_6

ざくろの木。オレンジ色の花が一段と映えていました。
Photo_8

美しい花を愛で、美味しいお茶を頂き、すっかりリラックスしました。
我が家から電車で四十分ほどで行ける公園。
度々訪れてたい公園です。
ちなみにこの公園は防災公園でもあるようです。


友宅の庭に咲いていた紫陽花を頂きました。

Photo_14

ポチッとよろしく!



にほんブログ村

2016年6月 5日 (日)

夕陽

気が付いたら六月。
そんな感じのこの頃です。
何時もながら能天気な生活ですが、時間は瞬く間に過ぎて行きます。
そのうち、気が付いたら病院生活だったなんてならないように祈っています。

            **************


一日、二日と千葉の竹岡にある、Hさんの別荘にお招きいただき行って来ました。
裏庭の石階段を降りると、目の前は海が広がり、遥か向こうの対岸の景色はまるで蜃気楼のように見え、湾の美しい風景をなしていました。

夕暮れに近い時間でしたが、海辺を散策しました。
海は穏やか、潮風は心地よく、生まれ育った故郷に戻ったような安らぎを覚えました。

太陽が徐々に落ち、太陽と空、そして海面に映る色のコントラストは感動しました。
子供の頃、大きな太陽が、富山湾の水平線に沈む風景がよみがえりました。
遠い昔の話ですが神々しい風景でした。


美しい風景をカメラに収めましたが、拙い私の腕前では、この情景は充分に伝わりません。
実際目にした風景は頭の中にしっかりインプットしました。


Photo_5

Photo_4


Photo

Photo_2


夕陽は対岸の景色の向こうに沈んでゆきました。

Photo_6

近くにヨットハーバーがありました。

Photo_10

Photo_11

Photo_13


浜辺と猫の風景はぴったりです。
沢山の猫がたむろしていましたが人に慣れているようです。
岩合光昭さんの世界です。

Photo_14


帰る日の朝の風景。 
漁師さんたちが船や網の手入れしていました。
Photo_8

Photo


竹岡駅。
無人駅でした。
Photo_3

人の気配がなく、静かなフォーム。
Photo_2

2


友の別荘で過ごした時間は瞬く間に過ぎました。
姦しい女性三人でしたが、ワインと美味しいお食事、取り留めなく続くよもやま話。
床に就いたのは十二時過ぎていました。

Hさんと、友に感謝。


ポチッとよろしく!



にほんブログ村

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

はじめまして

お薦めブログ

  • ピーコさん
    ぽかぽか温かくなるおはなしです
  • hal-3さん
    ゴーヤのおはなし
  • そらまめさん
    甘口あり辛口ありの日々を楽しく綴ったブログです。
  • imu-さん
    押し花の先生です。 色使いのセンスは品があり抜群です。 庭先便りは楽しいですよ。
  • 秋元享子
    ヴァラリス商会 お洒落な園芸雑貨のお店
  • 和さん
    お庭だより、亀千代さんとの楽しいお話 いっぱいですよ。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック