フォト

らくがき(2011)

  • ポトス
    らくがき、2011~

らくがき 

  • ぶろぐ (素敵なサイレントナイト)
    ブログで描いた過去のイラスト

ギャラリー

  • 二人展
    Oil Painting

子供の夢

  • S11
    果てしない空想に胸を躍らせます

日本ブログ村

クラブ・ウィルビ

  • 大人のための新しいネットワーク「club willbe」

バーナー

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月17日 (土)

深夜のひとりコンサート

今朝は久しぶりの陽射しですが、これも束の間の天気かもしれません。
朝のうちに洗濯を終えました。


一作日の夜のお話。

夜、眠いと思った時に直ぐにベッドへ入らないと、タイミングを外してしまい、辛い思いをします。
長い時間、ベッドの中で何度も寝返りを打ちながら、眠りが訪れをひたすら待つことになります。

昨夜も、好きなTV番組を眠気がきているのに見てしまい、ベッドに入った頃は目が冴えて眠れませんでした。
時計は深夜一時、二時となり、酷使している目のためにも、眠りをジーッと待つべきなのですが、我慢できず床を抜け出てしまいました。
ブランデーの力を借り、ソファの上で横たわっていましたが、この静けさが何故か侘しく、思いついたのが、CDを聴いてひとりコンサート。
先日、久しぶりに行ったジャズコンサート以来、時々CDで聴いていますが、もともと、深夜にジャズを聴くのが好きでした。

昔買ったジャズセッション。
Vol. 1からVol. 4、まで持っていたはずなのですが、Vol.1が何処に行ってしまったのでしょう。
ジミースミス(オルガン演奏者)、ソニーロリンズサックス演奏者)、そしてデイジーガレスピー(トランペット演奏者)。
名を挙げたからと言って、詳しくは知りませんが、この方たちは既にこの世にはいません。

写真の中に、イル デイヴォのジャケットがありますが、私の好きなヴォーカルグループです。
このグループは多国籍の4人組で、そろってハンサム、声量はクラッシックの発声で、聴いていると夢心地になります。
ポピュラー音楽をクラッシック調の発声で歌われると、どの曲も名曲になりますね。

話が少し逸れてしまいました。
目も頭もすっかり冴えてしまったこの時はジャズセッションのVol.3を聴きました。
曲名はアフターアワーズ、ブルートレイン、リンクルスと続きましたがブラデーが効いたのか途中で睡魔に襲われ急いでベッドへ。
ブランデーと音楽は眠りの良薬だったのでしょうか(?)
目覚めたのは朝の九時を過ぎていました。

Jazz_1

ポチッとよろしく!



にほんブログ村

2016年9月11日 (日)

ガス抜きはダべリングで

一時期、ダべリングという言葉をよく聞き、使ったりしていましたが、もう死語なのでしょうか。
駄弁る(しゃべる)という言葉に英語の動詞にingをつけダべリングとなったようです。
 
忙しい人間社会にいると、時には息抜きが必要です。
要するに、ガス抜きが必要ということですが、私がこんな事云うと、あなたは四六時中、ガス抜きのしっぱなし言われそうです。
仕事に追われ、家事に追われ、何やかんやと女の人も結構ストレスを感じながら日々を送っている人も多いのです。
そんな時は、気心が知れた親しい友たちと僅かな時間でもダべリングタイムを持つことは心身ともに癒され、次のステップの力にもなるのです。

先週のある日、友宅でダべリングタイム。
大事な時間なのですよ。

Photo


ポチッとよろしく!



にほんブログ村

2016年9月 9日 (金)

浅草散策

昨日の浅草風景。

不安定な大気の影響で昨日はモクモクと雲が広がり、こんな日は出かけるなんてもっての他と、ワインを片手にに遅めのランチをしていた時、友から電話。
浅草にいるからと。
ええ? こんな悪天候に??
内心躊躇しながらも、渋々お出かけ。
分かっている! 
友と会った後は、家路に着く頃は、ああ、今日も楽しかった、と。
友はお出かけが大好き、私は出不精、狭い視野しか目に入らない。
一歩外に出れば、広い視野。
友には感謝である。


浅草寺本堂の風景。

Photo


Photo_2


ポチッとよろしく!



にほんブログ村

2016年9月 8日 (木)

感動の開会式

今日からパラリンピックが始まりました。
感動の開会式で顔が涙でグシャグシャになりました。
健常者でもズボラで怠け者、努力をしない人も多いのに、この日のために一生懸命頑張ってきたアスリートたちに胸が熱くなりました。
観客の温かい声援におくられなが入場した各国のアスリートたちの活き活きした顔が美しかったこと。
開会式のショーもすばらしく、目が離せませんでした。
これから熱い挑戦がはじまります。
私もテレビを通して応援し、元気を頂きたいと思います。


連日、大気の不安定が続いています。
我が家からは北の空も東の空も厚い雲が何重にも重なり合い、今にも大暴れしそうです。
関東地方は水害や土砂災害など、いろいろと警報が出されています。
どうぞ、くれぐれもご注意下さいませ。

キッチンから見た空

Photo


ポチッとよろしく!



にほんブログ村

2016年9月 4日 (日)

故郷は遠きにありて思うもの

立て続けにくる台風の威力は、どんな対策を講じても人間の及ばないところにあるのですね。
浸水被害の凄ましさは無情にも無残な姿を曝け出していました。。
本当に痛ましく、腹立たしく、そして畏れも感じます。
台風十二号が発生しましが、どうぞ、くれぐれもご注意下さいませ。

       **********


九月に入りました。
微かながら朝晩の空気に秋が感じられます。

旅の続きになりますが、金沢で友たちと別れ、故郷である魚津に向かいました。
ローカル線で、車窓から見る長閑な田園風景を楽しんでいるうちに一時間少しで着きました。

今年は母の十三回忌に当たり、法要を兼ねての里帰りでした。
法要は身内だけで簡単に済ませましたが、時代の流れを感じました。

三年ぶりの里帰りでしたが、甥の子供たちが8歳と3歳になり、何と元気なこと。
二人とも男の子ですから、飛んだり跳ねたりと一日中お祭り騒ぎのようでした。
寝床につくまでこの状態ですから、この強烈なエネルギーには驚かされました。
二人とも腕白小僧たちでしたが、可愛ゆく、私も海辺で磯蟹など捕って遊んでもらい、楽しいひと時を過ごしました。


海岸通りを散策。

対岸に見えるアートな建物は魚津埋没林博物館。
3000年ほど前、川の氾濫と海面の上昇で埋没した杉の大木が海底で幾つも見つかり展示されています。
この辺りは、昔は杉の原生林であったようですが海面の上昇で海の底になったということでしょうね。
現在は国の天然記念物になっています。

この日は曇っていて見ることが出来ませんでしたが、晴れている日は埋没林博物館の背景に雄大な立山連峰が見えます。
とくに雪の立山連峰は見応えのある素晴らしい景色です。

Photo

この場所から立山連峰が見ることが出来ます。
Photo_4


以前はこんな大きなテトラポットはありませんでしたが、やはり、高潮や津波対策でしょうか。
近年、天災が多く海岸線では必要なことかもしれません。
春には沖の方に蜃気楼が出現します。
色々と条件が揃わないと現れませんが、大気の温度差の中で光が屈折して起きる現象とか。
10キロ、20キロ先離れた風景が伸びたり、反転したりと現れます。
子供の頃、何度か見たことがあります。

Photo_2


設置された案内図は実際に出現した蜃気楼です。
Photo_5

県内でも周辺の市はいろいろと開発され発展していますが、魚津は何時行っても閑静で長閑です。
市のPRが下手なのだと思いましたが、考えてみると開発もいいのですが、そのため失うものも多いのではないかと思うと、このまま、ありのままでも良いのではないかと思えてきました。
現在の美しい風景と新鮮な山海の幸が確保されているだけでも市民は潤っているのではないかと。

一泊の滞在でしたが、故郷はいいものですね。
故郷は遠きにありて思うもの、と室井犀星の詩の一節にあります。
最近は故郷に心が馳せるのは歳のせいでしょうか。


ポチッとよろしく!



にほんブログ村

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

はじめまして

お薦めブログ

  • ピーコさん
    ぽかぽか温かくなるおはなしです
  • hal-3さん
    ゴーヤのおはなし
  • そらまめさん
    甘口あり辛口ありの日々を楽しく綴ったブログです。
  • imu-さん
    押し花の先生です。 色使いのセンスは品があり抜群です。 庭先便りは楽しいですよ。
  • 秋元享子
    ヴァラリス商会 お洒落な園芸雑貨のお店
  • 和さん
    お庭だより、亀千代さんとの楽しいお話 いっぱいですよ。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック