« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月に作成された記事

2019年4月30日 (火)

SAYONARA 平成

今日で平成が終幕を迎えようとしています。

昭和を生き、平成を生き、そして令和を迎えようとしているおばばさまは、随分長い年月を生き延びたものです。

 

今日は頭が回転しません。

数日前から、喉が痛く咳が出、体が怠く、そしてむやみと眠気に襲われます。

この風邪は令和に持ち越しそうです。

北海道旅行の話も中途半端ですが令和に持ち越しです。

 

 

友宅の庭

Img_20190427_162713-1_1

 

ちょっとした行動にお礼をいただきました。

コスタリカのお土産、三種類のコーヒーです。

Img_20190430_075626-3

 

色んなことがあった平成に ありがとう そして さようなら

 

ポチッとよろしく!

| | コメント (2)

2019年4月27日 (土)

北海道旅行/ニッカーウイスキー余市

小樽運河を後にし、ニッカーウイスキー余市蒸留所見学へ。

NHKの朝ドラ、マッさんはニッカーウイスキーの知名度を更に高めた事と思います。

余市は、流れる雲や湿った香り、空気、湧き出る清水、無尽蔵のビートが広がり、ウイスキー造りには理想的な土地だったそうです。

広い敷地内はスコットランドの町を再現したかのよう。

敷地内にある多くの建物は人が働いている気配が感じられず整然としていましたが、実際は稼働しています。

 

パンフレット

Img_20190425_092216 

 

貯蔵庫

Dscn1046

 

 

旧竹鶴邸

リタ婦人と過ごした家

リタ婦人は日本文化にとけこもうと努力し日本の国籍をとり帰化しました。

生涯竹鶴さんを支えた人です。

 

Dscn1050_1

 

リタハウス

Dscn1048 

 

 

貯蔵庫

 

Dscn1052

 

 

ニッカーウイスキー博物館

おなじみのニッカーウイスキーの顔ですね。

Dscn1055

 

          

奥に進んでいくと、スコットランド風パブがありました。

こちらでは有料ですが試飲できます。

試飲するモルトウイスキーは市場には出ていないと聞きました。

友の従弟さんからパブの話は聞いていましたので絶対試飲すると決めていました。

シングルモルト余市、15年物、度数は45度。

ショットグラスに半分ほどのモルトウイスキーとグラスウオーターが出ました。

力強い香りが鼻を刺激し、これこそ本当のウイスキーの香りだと思いました。

麦芽、ビート、樽の香り?

やはり原酒だからの香りなのでしょうか?

喉越しは・・・これまた強烈、喉を刺すような鋭い感じから徐々にいい具合に喉にしみわたります。

ショットグラス半分ほどのモルトウイスキーですが、のみ干すには時間がかかります。

友は飲めませんので水の入ったグラスに一滴だけお裾分け。

ストレートではやはりきついですね。さすがの私も水とウイスキーを交互にいただきました。

因みにショットグラス一杯1000円でした。

Dscn1057

 

 

向こう側に乾燥棟

Dscn1045

 

ニッカー会館では無料で試飲させてくれます。

大勢の人で賑わっていました。

三種類の試飲が出来ました。

 有料の香り高く刺激の強いウイスキーをいただいた後ではどのウイスキーも物足りなく感じました。

         Img_20190415_141259                                        

 

敷地内の至る所にふきのとうが。

Dscn1043

 

余市蒸留所見学を終え、この日の宿泊は待望のウインザーホテルです。

 

ポチッとよろしく!

 

| | コメント (4)

2019年4月22日 (月)

北海道旅行/小樽運河散策

北海道二日目

小樽散策

運河沿いに並ぶ石造り、レンガ造りの倉庫は異国情緒を醸し過去にタイムスリップしたよう。

建造物は歴史的建造物に指定されているものが多いようです。

建物も道路も大きく広く、何もかもデッカイ!という表現がぴったりです。

当時は、鰊や蟹、その他色んな海産物でどれほど栄え賑わった町か想像できます。

 

 

運河は海側を埋め立て建造物群を建てることによって水路を確保したそうです。

美しい風景です

Dscn0995

  

 

倉庫は、お洒落なレストランやカフェ、お土産物屋さんになっています。

Img_20190415_105808

 

 

 

船着き場

 

Dscn1012

 

              

北海製蟹小樽第二倉庫

Dscn1035

     

 

はい、ポーズ

Dscn1038_1

 

      

 

 

小樽総合博物館

中には入りませんでしたが

鉄道の歴史が分かりマニアの方は一見の価値はあるようです。

 

Dscn1031

 

 

祝津パノラマ展望台

後ろにみえるのは高島岬、日和山灯台

岬の先端に見えるか見えないかの風景。

喜びも悲しみも幾歳のロケ地にもなったそうです。

この日は生憎の曇り空

天気が良ければ石狩湾の絶景がみられるそうです。

Dscn1023

              

 

今は観光の町になったようですでが、

倉庫街は歩いている観光客も少なく閑散としていました。

時間帯によっては賑わうのでしょうか(?)

 

Dscn1013

Dscn1014    

 

 

逞しい蔦の木、門に絡みついています。

時期がくると青々と生い茂るのでしょうね。

Dscn1018

 

 

小樽運河食堂

 

Dscn1019_1

 

久しぶりに使ったカメラの設定が間違っていたようで、すべての写真がハレーションを起こし、これを知ったのは家に戻ってから。

PCに取り込んで見た瞬間、卒倒(😠)しそうになりました。(オーバーですねぇ)
小樽の風景には何となく味があるなどと勝手に思って載せてしまいましたが見苦しいところがあるかもしれません。
これから先、余市やウインザーホテルなどもあるのに困ってしまいます。

 

ポチッとよろしく!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6)

2019年4月19日 (金)

北海道旅行/札幌

2泊3日のウインザーホテル洞爺と札幌、小樽の旅に友と参加しました。

ウインザーホテル洞爺はサミットの会場にもなり、TVの映像は優美なロビーや、ロビーから望める洞爺湖の風景など見て、一度は泊まりたい憧れのホテルでした。

チャンス到来、念願が叶いました。

 

羽田でチケットを受け取り一路千歳空港へ。

札幌の一日目は終日自由行動でした。

空港には友の従弟さんが出迎えてくださり札幌市内を案内してくださいました。

北海道は過去3回ほど訪れましたが、それは遠い昔の話。

今でも素朴でノスタルジックな雰囲気を醸し、私の好きな風情でした。

道路の広さは滑走路にもなりそうです。

 

 

一日目の宿泊はニューオータニ・イン

9階の部屋からの風景。

Dscn0989 

 

札幌中央市場

価格は東京料金とあまり変わらないと思いました

 

Dscn0991

今年は毛ガニは不漁で価格は高騰しているようです。

小でも一匹四千円ほどでしたが、中、大となると一匹五,六千円以上でした。

友は横浜の弟さん家族のために二匹お買い上げ。

 

Dscn0992             

時計台

以前訪れた時は高層ビルもなく周りがスッキリしていましたが

今はビルが多くなり景観が変わったような気がました。

Img_20190414_182831

 

 

Img_20190414_182942

 

夕食は友の従弟さんたちのご招待を受け市内のレストランへ。

海鮮三昧で普段は戴くことが出来ない豪華な料理がテーブルに並び、おばばさまの目は真ん丸。

写真を撮るのも忘れ、ただただ見とれてしまいました。

因みに、友と従弟さんたちが会うのはお兄さんの方は40年ぶり、弟さんの方は30年ぶりだとか。

浦島太郎のような年月の隔たりですが、会って直ぐに、まるで昨日も会ったかのような戸惑いのない再会。

付録のような存在の私にも、二組のご夫婦そろって気さくに接していただき、私まで何十年来の友たちに会ったような気持ちでした。

美味しいお食事を戴きながら昔の思い出話に弾み、あっという間に楽しい時間が流れて行きました。

友のお蔭で思いがけない出会いがあり感謝でいっぱいです。

 

次の日のスケジュールは小樽運河散策とニッカーウイスキー余市の工場を見学、そして待望のウインザーホテル洞爺で宿泊。

 

次回に・・・

 

 

ポチッとよろしく!

 

| | コメント (2)

2019年4月 7日 (日)

BINGO

補助犬育成、障害者自立支援のチャリティーコンサートとビンゴの集いがゾンタクラブ主催で京王プラザホテルで催されました。

毎年この時期になると催され、私も毎年参加しブログに載せています。

プログラムの最初は補助犬がどのように介護しているか実演するのですが、その都度、その働きには感動し感謝します。

厳しい訓練を受け、人間のしもべとして従う・・・ほんとうに健気です。

 

ザ・レジェンドのコンサート

五人のオペラ歌手がユニットを組み、オペラのハイライト、イタリア民謡、その他ジャンヌ問わずの歌を歌いました。

観客と一体になって手拍子やブラボーをかけるタイミングなど学び、大変楽しいコンサートでした。

オペラの声量はやはり違いますね。

蛇足ですが、IL DIVOを思い起こさせます。

イギリスでデビューした多国籍グループ(フランス、アメリカ、スイス、スペイン)は今では世界で活躍していますね。

彼らのCDを一枚もっていますが、何百回聴いたことか。

日本にもツアーでたびたび来ていますが、なにしろチケットがお高いのですよ。

今でも時々CDを聴いています。

 

 

Img_20190331_111658c

 

コンサートが終わって楽しみの昼食タイム。

京王プラザの幕ノ内弁当、中身の全体がふんわりと柔らかいピンク色。

この日は東京の桜満開の日と予測されていた日ですから納得。

 

1554040431698c

 

昼食が終わると直ぐにBINGOタイム。

カードは一枚千円、ゲームは三回。

一回のゲームで二枚づつ買いましたので合計六枚。(カードは何枚買ってもよろしいのです)

 

 

Img_20190331_131521c_1

 

 

そして私が獲得した景品は

ストール

Img_20190403_162356

                              

 

ベコニアの鉢植え

 

Img_20190401_091041c

 

友がお酒をゲットしましたが、私にプレゼンしてくれました

Img_20190401_092134c

 

一万円分のお食事招待券

Img_20190403_101445

 

こちらのBINGOゲームは大変良心的です。

誰一人はずれなく商品は用意されています。

リーチになった時は今か今かと自分の番号を呼ばれるの待つのですが、その前に数人の人がビンゴと叫ぶので心臓に悪いですねぇ。

沢山の景品をいただき感謝で感謝の一日でした。

 

 

ポチッとよろしく!

 

| | コメント (4)

2019年4月 4日 (木)

上野公園の桜

 

上野に用事があり、少し遠回りになりますが、公園内の桜並木を通って行くことにしました。

平日というのに観光客でごった返していました。

桜日和りで陽射しはありましたが寒い日でした。

 

上野公園の風景

 

Img_20190402_130756c

 

 

Img_20190402_131406c

 

Img_20190402_131449c 

 

若い人たちの場所取りの風景

Img_20190402_130950c

 

Img_20190402_131456c

 

Img_20190402_131400c_1

 

相変らずセンスのない写真、お粗末さまでした。

 

ポチッとよろしく!

 

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

雅な響き、令和

新元号は令和になりました。

最初に聞いた時は何んだこりゃ!と耳を疑いましたが、意味合いを聞いているうちに、だんだん響きが雅に聴こえてきました。

典拠は万葉集から、などと言われると雅な世界の絵柄が頭に浮かび、悠久の時間を経て元号になって戻って来たかのような気がします。

何はともあれ、先ずは戦争のない平和な年月であってほしいものです。

 

昨日、四月一日から、物価が軒並み値上げされています。

まだ序の口で、これから他の物もどんどん値上げされる予定だとか。

怖いですね~。

お出かけ中の一休みはファミリーレストランやお安いコーヒーショップにしましょ。

たま~にですが、時々入る高価な器でいただくコーヒーショップはやめにしましょ。

身丈に会った生活をしないと、ぴえろさん、人に笑われますよ!

(自分を戒めています)

 

Img_20190305_152009

 

ポチッとよろしく!

 

 

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »